うつ治療の申し込み【クリニックの情報がたくさん】

ウーマン

長時間労働に起因する病気

カウンセリング

メンタルヘルス不調

うつ病は、最近深刻な社会問題となっています。以前は、個人の気持ちの問題と片付けられてきました。身近な人が亡くなったりして、うつ病を発症する場合もありますが、働き方の問題に起因して発症することが大きな問題です。長期間にわたる景気の低迷、これに伴う企業の人件費の削減と個々の労働者への負担増により、長時間労働が問題になっています。この長時間労働に起因して発症するケースは、もはや個人のレベルではなく、経済動向も関わる、重大な問題です。生計を立てるために働くことが本来的な在り方ですが、これが生活と労働の主従が逆転して、1日の大半の時間を労働に振り向けています。仕事量が多く、仕事時間も長いと、睡眠障害や倦怠感といった身体面の症状や気持ちの落ち込みの長期化が起こり、うつ病へとつながります。その意味では、現代人は誰しもがうつ病を発症するリスクを抱えていると言えます。治療に当たっては、まず必要なのは十分な休養と睡眠です。しかし、発症した場合は、専門医の診察を受け、投薬などの治療を受ける必要があります。うつ病の典型的な症状である睡眠障害や倦怠感、気分の落ち込みは、誰にでも起こり得ます。これらの症状が長期にわたって継続する場合が、うつ病を発症していると診断されますが、この状況に自分では気づかない場合がほとんどです。他の病気と同様に、治療をしないままでいると、症状はより重症化してしまいます。すなわち、早期発見と早期治療が大切です。労働安全衛生法の改正により、ストレスチェック制度が導入されました。また、うつ病に対する正しい理解と認識が進んでいますので、上司や同僚などが気づくことがあります。その際、例えば産業医への面談をすすめるといった方法で、早期発見のチャンスを逃さないようにすることが大切です。また、一番大切なことは、長時間労働などを解消することです。働き方改革などが進められていますが、仕事量は減らないのに人員が削減されていく現状にあっては、働き方改革の実現は難しいです。長時間労働が必要になっている現状を分析し、その現状を打開するためにはどうすればいいかについての議論が必要です。