うつ治療の申し込み【クリニックの情報がたくさん】

ウーマン

誰にでも起こること

ナース

心が壊れてしまう

うつは絶対にならないという保証がありません。誰にでもきっかけはあります。うつになるきっかけは本当に些細なことです。その人の性格によっても違ってくるのかもしれません。症状としてはやる気が起きない、楽しいと思えることがなくなってしまう、食欲がない、眠れないなど多岐に渡ります。他人に依存をして生きてきた人やまじめすぎる人がうつになりやすいとも言われています。考えすぎてしまう性格も関係していることがあります。本人がうつだと気付かないことが多く、周りの人がもしかしたら、と気付くことが多いです。治療を行うことによって改善をするので早期に治療を開始することも必要です。すぐに完治をする病気ではありません。ある程度長い期間をかけてゆっくりと改善をしていくということがあります。完治した、と感じてしまった時がもっとも危ないと言われています。心療内科を受診して薬を処方してもらうことで食欲が改善したり、睡眠もとったりすることができるようになった、という人もいます。薬も継続することが必要です。うつの治療で使われる薬の中には依存性が高いものもあるので注意をしなければいけません。即効性があるのものもあります。薬を飲まなければ、再びうつの症状が出てきてしまうかもしれない、という恐怖心が出てくることもあります。心療内科では薬の服用を行わなくてもうつの症状が改善されることを最終目標としていることが多いです。薬は症状を緩和させるための治療で使いますが、根本的な原因が分からないと治療をすることはできません。ストレスの場合が多いので、そのストレスを解消することも必要です。仕事上の人間関係が原因である場合には、転職をするというのも1つの解決方法です。転職が難しいのであれば、そのストレスの原因となっている人を自分の中で存在を消すということにしたほうがよいでしょう。関わりを出来るだけ持たないということも解決方法の1つです。心療内科医に話を聞いてもらうだけでも原因が分かってくることがありますし、誰かに自分の気持ちを分かって欲しいということもあるでしょう。話すことによって緩和されることもあります。